NHKオンデマンドで、何年か前に放送された世界からみたニポンという番組を観ました。その時代のニッポンは明治時代でした。不平等条約の撤廃のため、使節団はアメリカに渡りましたが玉砕します。条約の中身を何もわかっていなかったからです。しかし、使節団はめげずにそのままフランスへ向かいます。
使節団は交渉をあきらめて西洋の文化を取り入れるべく情報収集を始めるのです。これにはフランスは好意的でした。いい意味でも悪い意味でも日本は世界中から注目されていました。アジアからの評判はかなり悪いものでした。その明治時代の行いが今の外交に至るのだと思います。無知だと世界に思われていた日本。情報収集をして、日本が生き残るには西洋の文化を取り入れるしかないという判断は
正しかったのか。

by 匿名者

 SEO対策被リンク ホムペ集客 最新SEO

ひとりドライブ関東情報サイト
ドライブ関東
ドライブ関西
紅葉 京都
一人旅
奈良 観光

一人東京散歩情報ページ
東京 散歩
東京 観光
美術館 大阪
一人 登山
長野 観光

独り観光大阪情報ページ
大阪 観光
京都 観光
一人 スキー